~another piece of paper~ 自転車部

本家 ~a piece of paper~から派生した自転車ブログです。 TREKのクロスバイク、BROMPTON(ブロンプトン)、BIKEFRIDAY tikit、cannondale CAAD10などに乗っています

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

携帯ポンプが吹っ飛んだ

CAAD10で久しぶりに淀川を走ってきました。
実走は半年ぶりくらいなので、とにかく軽めを意識します。
半袖半パンは私の他にはほとんどいませんでしたが
ちょうどこれくらいでいい気候ですね。

まったり走ってそろそろ枚方の関西医大ってところで足元に違和感。
シートチューブに固定している携帯ポンプのホースが外れて足に当たっている。
「あ、直さないとなー」と思った瞬間

バッキィィィンンン!


うわお!とんでもない音がした!!

慌てて止まって後方を見ると、ポンプが落ちてしまっています。
どうやらフレームに固定していた結束バンドが一気に引きちぎれて
固定具ごと吹っ飛んでいったみたいです。
拾ってよく見てみればポンプ自体も口金を固定するプラスチック部分が割れてしまい
ホースがぶらぶらとだらしない状態になってしまいました。


うーん、いままでポンプの固定具はシートチューブの
ボトルケージ穴にボルトでとめていたんですけど
今回からそこにボトルケージ増やしたんですよね。
で、ポンプのいく場所がなくなったので
ボトルケージの横につくよう結束バンドで括りつけていたんですけど
ポンプのサイズが少々大きかったのでペダリングの足にあたっていたようです。
2本の結束バンドを一気に引きちぎるだけの力が
どのように加わったのか解せませんが・・・。

とりあえずあと数10mで関西医大裏の休憩所なので
そこまで到達し、自転車のチェック。
あまりに激しい音だったので車体のダメージが心配でしたが
自転車本体にはさほど問題はなさそうでした。

さて、こんな事態になるとは思っていなかったから
結束バンドの予備は持っていなかったし、どうしたものかと思案。
何しろポンプがロードモーフGなのでフレームに固定できないと
持ち運びが極めて困難。


途方に暮れている最中




小さい携帯ポンプなら背中のポケットに入れて走る人もいるみたいですね。
さすがに捨てていくのはもったいないので、試しに背中に入れてみたら一応入りました。
3分の2以上がポケットからはみ出ていて、見かけは妙に危なっかしいですが
意外と落ちそうにない感じです。
ここで引き返すと距離も少しもの足りないし、もう少しだけ進むことにします。




011.jpg

で、結局八幡市手前の下道でいけるところまで行ってきました。
この道が御幸橋に繋がったかどうか確認したかったんですよね。
どうやらまだ途中のようでしたが、看板にある工事完了=開通であれば
年内には御幸橋まで届きそうですね。そうなるといいなあ。


さて、携帯ポンプはまた何らかの対策を考えなければいけません。
小さくて軽くて空気が入れやすくて安いポンプがあればいいんですけどね。
ちょっと気になったから、道行くロードを注視していたのですが
ポンプをフレームに固定している人はあまりいませんでした。
ああいう人達はどうしているのかなあ?
スポンサーサイト

| CAAD10 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

tikitにトラブル?

10月前半は忙しい時期でネットの世界からも遠ざかっていたのですが
その間にエラいことになっていたようですね。

イトーサイクルさん

BIKEFRIDAY tikitのステムコラムトラブルにより
「乗車を控えてください」
「しばらく受注中止」
とかなり大ごとっぽい内容が書かれていました。

tikit系のブログをいくつか読んでみると
どうやらクラックから最終的にハンドルポストの破断にまで至る危険があるらしい。
むむ、それは確かにものすごく危ない・・・。

一応、対策のメドはたち始めているようですが
とにかく今まで出荷された全車種が対象となるようで
自分の番がいつ回ってくるかもさることながら
さして大きな会社ではなかったはずのメーカーが
その保証に会社として耐えられるかどうかが心配です。

自転車が直っても、メーカーが倒産でもしたら本末転倒・・・。
ここの自転車はすごく好きなのでなんとか乗り切ってほしいですね。
一方で自分のtikitを早く乗れるようにしてほしいというのも否定はできませんが・・・。

久しぶりにローラー回してみたら、案の定すごく衰えていたので
ある程度体力戻るまで週末はtikitでまったり遊ぼうと思っていた矢先のことでガックリ。
一番気候のいいこの時期を逃してしまうのが、残念といえば残念です。

なんやかやと言って所有の中ではtikitが一番使い勝手のいい自転車なんですよね。

| tikit | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。