~another piece of paper~ 自転車部

本家 ~a piece of paper~から派生した自転車ブログです。 TREKのクロスバイク、BROMPTON(ブロンプトン)、BIKEFRIDAY tikit、cannondale CAAD10などに乗っています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一般人にもウケているんだからそりゃおもしろいでしょう~「弱虫ペダル」~

アオバ自転車店、シャカリキに続き今まで私が読んできた
自転車マンガとしては3作目となります。

前2作も大変よい自転車マンガでしたが
今回のこの「弱虫ペダル」もひけをとりません。
いや、私の中では今のところ一番かも・・・?






ネタバレになるようなことはあまり書きたくないので
話の中身にはなるべく触れないようにしたいと思いますが
とにかくこのマンガは読みやすいのです。

恐らくタイトルから簡単に想像できそうなのは
ひ弱で虚弱な主人公がたまたま出会った自転車でその才能を開花させ、成長し
今までいじめられていた相手を見返す、というようなストーリーではないかと思います。


まあ、大筋は決してハズレではないのですが
このマンガの特徴として、話に「負」の部分がほとんどありません。
上記の例でいうと、主人公をいじめるような人間は一切出てこないし
秋葉原オタクという主人公の設定はあるものの、別に弱虫といった感じでもない。
そういう、読んでいて辛い展開が全然ないので、楽に読めるのです。


私も年をくったせいか、最近重い話ってしんどいんですよね。
読んだり観たりするのにエネルギーを使わないといけない感じで(笑)


その読みやすいという特徴をさらに際だたせるのが個性豊かな登場人物たち。
あー、ここからはややネタバレっぽくなるのかも・・・。
念のため「続き」にしておきますね。


とにかく出てくる奴らがみんないいヤツばかりなんですよ。
だいたい初登場シーンで、なんとなく嫌そうな感じで出てくるのに
そう思って読んでいると実はみんなものすごくいい連中。
しかもやたらとかっこいいんです。
その登場シーンで抱いたイメージとのギャップが大きいので、
より魅力的に見えるのかな?
ちなみには私は総北3年、ハコガクの新開、東堂らがお気に入りです。


新開さんサイコーっす。私もパワーバー買いますよ。


もちろんマンガの中だけあって、リアルじゃないところもありますが
そういうところにツッコミを入れるのは野暮ってものです(笑)
もともと一般読者相手のマンガなので、自転車を知らない人にも分かるように
気を使っているところもいい感じですね。
(例えばビンディングシューズは「競技用の靴」と表現していたり)
当然、自転車好きの方ならもっと楽しめると思います。


このマンガをより楽しむ方法として、全巻を大人買いとかして一気に読まず
1~2巻ずつ間をあけて、少しずつ読んでいくことをオススメしたいですね。
そうすればおそらく連載時の作者様の意図どおり、「おいおいマジかよ(笑)」といった感想を
あるポイントで抱くことができるのではないかと思います。


ちなみに私もここだけはいまだにショック。


なお、堂島アバンザのジュンク堂書店では1巻のみ試読用として読めるようになっていました。
(現在もやっているかわかりませんが)
興味を持たれた方はぜひ一度チェックしてみてください。
スポンサーサイト

| 自転車本 | 00:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これはアバンザに立ち読みに行かないといけませんね。
私と同クラスだった競輪選手も新開クンですわ(;^_^A。

| イマキュー | 2011/02/12 10:03 | URL |

結構おもしろいと思うので興味があれば読んでみてください。
他にも読みたい自転車マンガがあるのですけど、
そちらはとりあえず漫画喫茶(今はネットカフェか)で
読むことにします。

ご友人に競輪選手がいらっしゃるのはすごいですね!

| アカガシ | 2011/02/14 19:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akagashi.blog73.fc2.com/tb.php/124-7b107406

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。